海中散歩

 弘法湯温泉の前に広がる姫の海は
黒潮の影響を受け様々な生き物が見られます

ハナバチミドリイシ

 いわゆるテーブル珊瑚。串本海中公園ほどの群生はありませんが、小さな単体は古座の海では普通に見られます。
ミダレカメノコキクメイシ

 
イボサンゴ

メガイアワビ

 海藻を身にまとい、磯と同化しています。
メガイアワビ
 
 下の写真とセットで見てください。写真の中心にアワビが写っています。
アワビをはずした跡

 アワビは夜行性の生き物で、夜になると食事に出かけて、昼間は同じ場所に戻ってじっとしているので、その場所だけ海藻が生えず、磯が黒くむき出しになります。海士入りをしてこの模様を見つけたときは「先を越された!」と思います。
アカエイ

 姫ではエブタとも呼び、昔は地引き網によくかかりました。尻尾に毒針をもっているので注意が必要です。
マダラエイ

 岩礁帯に住むエイで滅多にお目にかかれません。
 
イソギンチャク
シライトイソギンチャクの群生と伊勢エビ

 イソギンチャクの中に伊勢エビの角が見えています。
海中散歩つづき